増殖実績・報告



庄川 (内共14号) 庄川小牧ダム下流
増殖魚種 増殖方法 増殖指示量 平成27年度実績 平成28年度実績 平成29年度実績
あゆ 放流 5,000kg以上 9015.1kg - -
1,367,600尾 - -
親魚放流 7,000尾以上 10,500尾 - -
さくらます 放流 400kg以上 - - -
591,400尾 - -
にじます 放流 30,000尾以上 30,000尾 - -
やまめ 放流 11,000尾以上 11,000尾 - -
こい 放流 5,000尾以上 17,600尾 - -
うぐい 人口ふ化 50,000粒以上 50,000粒 - -
うなぎ 放流 100kg以上 100kg - -
アユ種苗は富山県内産海産系人工アユを放流しています



庄川上流 (内共15号) 庄川小牧ダム上流・利賀川
増殖魚種 増殖方法 増殖指示量 平成27年度実績 平成28年度実績 平成29年度実績
にじます 放流 20,000尾以上 72,440尾 - -
やまめ 放流 4,000尾以上 9,000尾 - -
いわな 放流 50,000尾以上 125,350尾 - -
こい 放流 10,000尾以上 14,300尾 - -
うぐい 親魚放流 100尾以上 100尾 - -
うなぎ 放流 50kg以上 50kg - -



百瀬川 (内共13号)
増殖魚種 増殖方法 増殖指示量 平成27年度実績 平成28年度実績 平成29年度実績
にじます 放流 5,000尾以上 11,180尾 - -
いわな 放流 10,000尾以上 37,050尾 - -
こい 放流 2,500尾以上 4,300尾 - -
うなぎ 放流 20kg以上 20kg - -





庄川のさけの放流事業について
昭和5年、電力会社による小牧ダムの築造により、さけ・ますの上流への遡上が阻まれることになったため昭和7年、庄川養魚場が設置され、以来さけ・ますの人工ふ化放流事業が始められた。
当初、さけ454万粒、ます74万粒をふ化させていたが、ますは昭和10年頃から卵の入手が困難になったので、さけの人工ふ化のみを行ってきた。卵は大半が移入でまかなわれていた。
以来、毎年500万粒前後の卵を人工ふ化させ稚魚を放流してきたが、昭和50年代に入り国のさけ・ます増大計画にあわせて1,000万粒となり、現在も約1,000万粒のさけの卵を人工ふ化させている。

資料 庄川さけ年度別放流量・捕獲推移 (PDFファイル)






報告

資料 平成28年度さくらます竿釣者アンケートについて(PDFファイル)








Copyright (c) 2004-2017 庄川沿岸漁業協同組合連合会All Rights Reserved.