昇順 / 降順
category : アユ

2018/08/19
夕刻、毛鉤釣り

夕刻になると多くの人が毛鉤釣りを楽しんでおられます。
18時になるとスイッチが入ったように入れ掛りとなり、暗くなるまでが良い時間帯です。

夕刻、毛鉤釣り
砺波大橋上流域の様子

夕刻、毛鉤釣り
毛鉤釣りの釣果

多い方で、1時間で20尾〜30尾、18cm前後の良型も混じり、良い引きを味わうことができます。

夕刻、毛鉤釣り
18cm前後の良型

夕暮れは、カエルやスズムシ、虫の鳴き声と共に涼やかな風を感じます。
鮎は何を想って跳ねるのでしょうか、感慨深い想いが胸を打ちます。
posted at 2018/08/19(Sun) 19:04:29
修正

2018/08/11
盛夏

本日、朝は小雨がぱらついていましたが、日中は空が夏の色に染まり、夏を感じる一日となりました。

盛夏
中田場所下流左岸、中越パルプ前

本日から休みに入った方も多くおられ、友釣りの方はもちろん、家族で川遊びやバーベキューなど思い思いに川を楽しんでおられる方が多くおられました。

盛夏
砺波大橋上流域の様子

友釣りについては、中田橋から砺波大橋までの区間に多くの釣り人が確認でき、釣果も30尾前後と最盛期に入ったように感じます。
ポイントに人が集中している場所もありますので、場所取り、車の移動でトラブルなきよう、声を掛け合って楽しく釣りをしていただければと思います。

盛夏
砺波大橋上流域の様子A

川に入っていると、涼しいですが、直射日光に晒されているので、熱中症対策をしっかりとり、こまめに水分をとり、健康第一、安全第一でお願いします。

庄川本川放流量予定
11日13時40分の庄川河川放流量は、毎秒約15トンです。
14時から約15トンの予定です。
12日は0時から毎秒約15トンの予定です。
posted at 2018/08/11(Sat) 15:30:47
修正

2018/08/10
アユ放流

本日午前に庄川右岸側4地点においてアユ放流を行いました。
20g前後を2,000尾ずつ、合計8,000尾を大門大橋下流域、中田橋上流域、太田橋上流域、舟戸橋上流域にて放流を行いました。


アユ放流
大門大橋下流ですが、濁りもほとんどなく、放流以前からアユの姿が確認できました。

アユ放流
太田橋上流です。
放流直後アユたちは元気に水面を跳ねていました。

アユ放流
舟戸橋上流ですが、若干の濁りがありました。

午後も暑さは続きます、釣りの際は熱中症に十分お気を付けください。

上流は濁りが残っていますが、太田橋より下流域は次第に濁りも薄まり、友釣りの方、てんから網の方が多く確認されました。
友釣りでは、30尾〜40尾と釣果も伸びてきています。
明日からお盆休みに入る方も多くおられ、釣りや川遊びで庄川に多くの方が来られることが予想されます。
移動でのトラブル、場所取りでのトラブルなきよう、安全第一で川を楽しんでいただければと思います。

庄川本川放流量予定
10日14時40分の庄川河川放流量は、毎秒約40トンです。
15時から約30トン、21時から約15トンの予定です。
11日は0時から毎秒約15トンの予定です。
posted at 2018/08/10(Fri) 13:40:04
修正

2018/07/30
庄川あゆのつかみ捕り大会

庄川あゆのつかみ捕り大会

第31回
あゆのつかみ捕り大会が8月5日午後1時30分より開催されます。

つかみ捕り会場は先日の増水で被害がありましたが、急ピッチで整備を行っています。
posted at 2018/07/27(Fri) 18:38:52
修正

2018/06/29
アユ水中映像

アユ解禁前の2018年6月13日、サケ発眼卵放流のための現地調査にて撮影された水中映像です。

南郷大橋から中田橋の間の湧水の豊富な場所で確認されたアユの群れですが、非常にキレイな映像です。


posted at 2018/06/29(Fri) 14:32:40
修正

2018/06/23
アユ毛鉤釣果

今朝の鮎毛鉤釣果の情報をいただきました。

アユ毛鉤釣果
今朝の鮎毛鉤釣果

解禁当初は細かいものが多かったですが、サイズが大きくなってきたとのことです。

アユ毛鉤釣果
鮎毛鉤で釣られた鮎

posted at 2018/06/23(Sat) 8:49:37
修正

2018/06/21
ダム上流域におけるアユ資源造成調査研究

昨日、6月20日、ダム上流域におけるアユ資源造成調査研究として、庄川上流(内共15号水域)利賀川、平地区、上平地区において、アユの放流を行いました。

ダム上流域におけるアユ資源造成調査研究
庄川漁連でのアユ積み込みの様子

背景
かつて庄川上流域にもアユが遡上していたが、昭和5年の小牧ダム建設により、ダム上流域へのアユ遡上が途絶えてしまいました。
一方、さらに上流(岐阜県)では、アユが放流され、遊漁や郷土料理の対象になり、山間部の地域振興につながっている。

ダム上流域におけるアユ資源造成調査研究
利賀川への放流の様子

庄川のダム上流域においてアユを放流し、放流したアユの生育調査、アユ漁場としての利用調査を行い、ダム上流域における生育状況とアユ漁場としての利用可能性を把握します。
ダム上流域におけるアユ漁業・遊漁の振興、山間部の地域振興につなげていく調査研究となります。

ダム上流域におけるアユ資源造成調査研究
利賀川の様子
前日の夜の雨の影響で濁りがあります。
徐々に濁りはとれており、川が透いてくれば、アユが橋の上から見えるかもしれません
調査を含め、楽しみです。

庄川の小牧ダム上流部におけるアユの採捕制限について
PDFデータ↓↓↓↓
庄川の小牧ダム上流部におけるアユの採捕制限について

内共15号漁場(庄川の小牧ダムよりも上流側)において、富山県と庄川沿岸漁業協同組合連合会がアユの生育調査を実施しているため、周年アユの採捕が禁止されています。正確な調査を行うため、アユを混獲した場合は放流してください。
調査にご協力いただきますよう、よろしくお願いします。

本日、正午よりアユ網漁が解禁となります。
お間違えないようお願いします。
posted at 2018/06/21(Thu) 14:02:24
修正

2018/06/19
ダム上流域におけるアユ資源造成調査研究

本日は、朝から天気良く、非常に暑い一日でした。
ダム上流域におけるアユ資源造成調査研究として、庄川上流(内共15号水域)において、アユの放流を行いました。

ダム上流域におけるアユ資源造成調査研究
アユ積み込みの様子

背景
かつて庄川上流域にもアユが遡上していたが、昭和5年の小牧ダム建設により、ダム上流域へのアユ遡上が途絶えてしまいました。
一方、さらに上流(岐阜県)では、アユが放流され、遊漁や郷土料理の対象になり、山間部の地域振興につながっている。

ダム上流域におけるアユ資源造成調査研究
上平地区での放流の様子

庄川のダム上流域においてアユを放流し、放流したアユの生育調査、アユ漁場としての利用調査を行い、ダム上流域における生育状況とアユ漁場としての利用可能性を把握します。
ダム上流域におけるアユ漁業・遊漁の振興、山間部の地域振興につなげていく調査研究となります。

ダム上流域におけるアユ資源造成調査研究
群れになり元気に泳いでいきました。

放流されたアユが大きく生育してくれることを願っています。

庄川の小牧ダム上流部におけるアユの採捕制限について
PDFデータ↓↓↓↓
庄川の小牧ダム上流部におけるアユの採捕制限について

内共15号漁場(庄川の小牧ダムよりも上流側)において、富山県と庄川沿岸漁業協同組合連合会がアユの生育調査を実施しているため、周年アユの採捕が禁止されています。正確な調査を行うため、アユを混獲した場合は放流してください。
調査にご協力いただきますよう、よろしくお願いします。

posted at 2018/06/19(Tue) 15:44:58
修正

2018/06/17
アユ釣果情報

本日は、朝から天気が良く、午後は暑いくらいで釣り日和でした。
日曜日ということで多くの釣り人が竿を出され、楽しい休日を過ごされているようでした。

アユ釣果情報
友釣りを楽しむ釣り人の様子

アユ釣果情報
毛鉤釣りを楽しむ釣り人の様子

昨日の解禁日も非常に多くの方が釣りを楽しまれていました。
監視員の調べでは、確認された毛鉤釣りの合計は386名(昨年381名)、友釣りの合計は165名(昨年252名)でした。
毛鉤では8cm前後の小さいサイズを中心に15cm前後も混じり、平均で20〜30尾、多い方では100尾を超える釣果も聞かれました。
友釣りにおいては、多い方で10尾〜20尾、15cm前後を中心に大きいもので18cmの釣果が聞かれました。
毛鉤、友釣りどちらとも場所ムラがあり、釣れる人、釣れない人の差が大きいという印象でした。

午後の南郷大橋下流域での気温は25.8℃、水温は19.9℃でした。
今後は、水温の上昇と共に、友釣りによる釣果が伸びることを期待したいです。
posted at 2018/06/17(Sun) 14:15:59
修正

2018/06/16
アユ解禁 午後の部

午後からは気温、水温も上がり、友釣りの釣果が上向いたようです。
友釣りでは、多い方で午後から始めて、10〜20尾という報告がありました。

朝は肌寒くネオプレーンのウェーダーでも良いくらいでした。
午後から鮎タイツで川に入りましたが、長く入ると体が冷え過ぎるので、少し早いかなと感じました。
体調と状況に合わせて調整していただき、健康第一、安全第一でお願いします。

友釣りで、18p前後のこの時期には大きめの鮎が釣れたという写真が届きました。
アユ解禁     午後の部
友釣りにて18p前後

アユ解禁     午後の部
毛鉤釣りの釣果

アユ解禁     午後の部
毛鉤釣りの釣果A

毛鉤、友釣り共に場所ムラがあり、釣れる場所と釣れない場所の差があるなと感じました。
入る場所とタイミングが重要ですね
これからの生育と釣果が伸びることに期待したいです。
posted at 2018/06/16(Sat) 18:16:34
修正
  « back

page

::1:: 2 :: 3 :: 4 :: 5 :: 6 :: 7 :: 8 :: 9
:: 10 :: 11 :: 12

+ pplog 3.35 +