昇順 / 降順
category : サクラマス

2019/03/18
サクラマス1年魚スモルト放流

本日は、晴天で絶好の放流日和でした。

平均体重25gのサクラマス1年魚を午前と午後で合計25,400尾、庄川右岸射水市大門地先にて放流しました。

サクラマス1年魚スモルト放流
計量風景

庄川漁連の飼育水温は10℃前後に対して、庄川の河川水温は約7℃と若干低く、放流したばかりのサクラマス幼魚は、団子状にしばらく固まっていましたが、次第に流れの中に消えていきました。

サクラマス1年魚スモルト放流
サクラマスの放流風景

今年度よりサクラマス1年魚の飼育池面数を増やし、飼育量を増加させました。
昨年のサクラマス1年魚スモルト放流の実績が約17,000尾でしたので、昨年比149%と約1.5倍に放流量を増加させることができました。

サクラマス1年魚スモルト放流
本日放流したサクラマス

これから、海に出て、立派なサクラマスになって庄川へ帰ってきてくれることを願っています。

サクラマス1年魚スモルト放流を増加させたことが、来年のサクラマスの遡上量、捕獲尾数増加に繋がることを期待しています。
posted at 2019/03/18(Mon) 17:20:19
修正

2019/01/07
サクラマス稚魚、引き取り

年末に、利賀の養魚場にあずけておいたサクラマスの発眼卵が、
孵化、浮上したため本日引き取りに行ってきました。
利賀までの道のり、暖冬のせいか、路上に積雪も少なく、
稚魚の引き取りには良い日となりました。
利賀の水温は7.8℃に対して庄川養魚場の水温は10℃前後と、やや高めです。
漁連から積んできたトラックの生簀の水と、浮上槽の水温を確認した後、
サクラマスを積み込みました。
サクラマス稚魚、引き取り
利賀の浮上槽からサクラマスを出す様子

今日積み込んだサクラマスは、浮上槽1槽分で、
45,000尾ほどになります。
サクラマス稚魚、引き取り
庄川漁連にて、トラックの生簀から場内生簀に移動する様子

サクラマス稚魚、引き取り
生簀に移されたサクラマスの稚魚

今季初めてのサクラマスの引き取りでしたが、
これから浮上が進むにつれ、また利賀へ取りにいかなければなりません。
場内の水温を考えると、雪が欲しいところですが、
稚魚の引き取りを考えると、雪が少ない方が助かります。
ともあれ、魚が順調に育ってくれることを願うばかりです。


posted at 2019/01/07(Mon) 12:49:41
修正

2018/11/20
サクラマスふ化仔魚

朝は肌寒く、秋の終わり、冬の訪れを感じる日が増えてきました。

サクラマスふ化仔魚
ふ化したサクラマス仔魚の様子
10月中旬に採卵し、場内に収容したサクラマスの仔魚がふ化してきています。
ふ化したばかりのサクラマス仔魚はお腹に栄養の詰まったさいのうを持っており、暗い砂利の隙間などでじっとして、その栄養を吸収して成長します。
年内にはさいのうを吸収し終えて、浮上し、餌を食べ始めそうです。

サクラマスふ化仔魚
南郷大橋上流域の様子

庄川本川放流量予定
20日15時0分の庄川河川放流量は、毎秒約35トンです。
15時から約35トン、22時から約15トンの予定です。
21日は0時から毎秒約15トン、14時から約35トン、22時から約15トンの予定です。

サクラマスふ化仔魚
南郷大橋上流域の様子A

産卵後の鮎を捕食しているのか、最近はサギやカワウが多く見られます。
アユの漁期は11月30日までとなっております。
お間違えないよう宜しくお願いします。
posted at 2018/11/20(Tue) 20:57:01
修正

2018/11/08
第1回サクラマス検卵

本日、場内で飼育しているサクラマスの発眼卵を、
はじめて検卵しました。
第1回サクラマス検卵
発眼していない卵や、水カビが着いたものを取り除いていきます。
地道な、根気のいる作業です。
第1回サクラマス検卵
検卵作業風景
周りには、孵化槽が並び、
水の流れる音をパックに、黙々と作業を続けます。
今日のところは、2時間で作業を終了しましたが、
検卵数が増えるにしたがって、水の流れる音に交じって、
発眼卵の声が聞こえてきそうです。
posted at 2018/11/08(Thu) 17:08:20
修正

2018/10/31
遡上系サクラマスの採卵2

本日、午後4時の南郷大橋付近の水温は14.6℃でした。
一日通して、肌寒い天気でしたが、庄川漁連では、サケとサクラマスの採卵を行いました。
ヤナで捕獲し庄川ふ化場で畜養していた遡上系のサクラマスも採卵しました。

遡上系サクラマスの採卵2
体長65p、体重3.4kg

遡上系サクラマスの採卵2
サケと同様に、腹を裂き採卵します。

遡上系サクラマスの採卵2
3800粒の良質な卵が採れました。

今年は、サケも今のところ、あまり捕れていませんが、
サクラマスに関しても、ヤナでの捕獲は、2尾だけです。
これからの、漁獲が増えることを願うばかりです。
posted at 2018/10/31(Wed) 17:12:27
修正

2018/10/28
遡上系サクラマスの採卵

本日、午後2時半、南郷大橋周辺の水温は15.2℃でした。
庄川の状況は、水温がやや低下したものの、水位、濁りともに大きな変化はないので、
昨日の簗で捕れた、サクラマスの採卵風景を記述します。
遡上系サクラマスの採卵
体長66p、体重2.7kg雌
遡上系サクラマスの採卵
採卵の様子
遡上系サクラマスの採卵
採れた卵の状態
遡上系の卵は、庄川漁連で飼育しているサクラマスの卵よりも、
赤みがかった色をしています。
遡上系の雄は、簗で捕獲できなかったため、庄川漁連で飼育している雄を使い、
受精しました。
今回使用した雌はすでに河川にて産卵していたようです。
残りの卵を採取したため、卵の数は少なめです。
posted at 2018/10/28(Sun) 16:16:54
修正

2018/10/10
平成30年度庄川さくらます竿釣者アンケート結果

平成30年度庄川さくらます漁獲量調査としまして、庄川さくらます竿釣り許可証購入者様を対象にアンケートハガキを送付しました。
アンケート結果がまとまりましたので、報告させていただきます。

平成30年度さくらます竿釣り許可証購入者様は、総人数195名でした。
提出者は115名、提出率58.97%と非常に多くの方に協力いただきました。
本当に貴重なデータをありがとうございます。

↓↓PDFデータ

平成30年度庄川さくらます竿釣者アンケート結果

皆様の返信して下さったデータは、今後の庄川をより良い漁場にするために使用させていただきます。
要望の中に、今回のアンケート結果を是非公表してほしいとありましたので、個人情報に抵触しないもので、公表させていただきました。

平成30年度庄川さくらます竿釣者アンケート結果
庄川漁連HPの左欄にあります、増殖事業・報告をクリックしていただき、下部の報告の中にこれまでの結果も合わせてみることができますので、宜しくお願いします。

平成30年度アンケート結果について
平成29年度からのリピーターは126名であり、64.6%がリピーターでした。
釣果は回答者115名で135尾の釣果があり、一人平均釣果尾数は1.17尾でした。
また、今年度は、総釣行時間を記入していただきました。
回答者93名の平均釣行時間は62.6時間でした。
釣果と釣行時間を単純に承認者全体に引き延ばすと、総釣果尾数は228尾となり、1尾釣るのに53.53時間かかることが推測されました。
今シーズンはシーズン序盤に大きな出水が続いた影響か、釣果がA区域、B区域と上流域に多くなりました。
今シーズンで3シーズン分のデータが集まりましたので、過去のものと見比べると色々な発見があります。
今後もアンケートを続けサクラマスの資源管理、漁場管理に活用させていただきますので、今後ともご協力お願いします。

posted at 2018/10/10(Wed) 12:48:09
修正

2018/06/30
サクラマス幼魚水中映像

庄川において、サクラマス幼魚を撮影した水中映像です。
非常にキレイな映像で、パーマークがしっかりと確認できます。

posted at 2018/06/29(Fri) 14:38:49
修正

2018/06/15
サクラマス漁最終日

サクラマス漁最終日の本日、曇りで肌寒く雰囲気のある朝です。

サクラマス漁最終日
太田橋上流域の様子

サクラマス漁最終日
雄神大橋下流域の様子

サクラマス漁最終日
雄神大橋下流域の様子A

庄川サクラマス、今シーズンも多くのドラマが生まれました。
最後の最後までどんなドラマがあるか分かりませんので、シーズン終了まで、庄川サクラマスを楽しみましょう
posted at 2018/06/15(Fri) 5:47:12
修正

2018/06/07
サクラマス釣果情報

6月に入り、水量少なく、水温も上昇し、サクラマス釣りにとっては厳しい状況が続いています。
そんな中、今朝はサクラマスの釣果が聞かれました。

サクラマス釣果情報
高岡市在住の方60cm

この状況での釣果、素晴らしいです。
サクラマスを追いかける直向きさには頭が下がります。
posted at 2018/06/07(Thu) 15:15:20
修正
  « back

page

::1:: 2 :: 3 :: 4 :: 5 :: 6 :: 7 :: 8 :: 9
:: 10 :: 11

+ pplog 3.35 +