昇順 / 降順

2019/12/16
庄川サケ発眼卵放流

昨年度より庄川では、さけ・ます資源回復推進事業のさけ・ますふ化放流抜本対策事業として、サケの発眼卵放流を行っております。

庄川サケ発眼卵放流

今年度も12月24日、25日に、日本海区水産研究所、富山県水産研究所、大学生の皆様の協力のもと、塩ビパイプを用いた直まき発眼卵放流を行う予定となっております。
放流場所は、南郷大橋上下流域となっており、水量の少ないうちに、下見をしてきました。
10月に増水があったこともあり、掘りやすそうな河床でした。

庄川サケ発眼卵放流

参加される方々には、年の瀬の忙しい時期、大切なクリスマスイヴとクリスマスを庄川のサケ発眼卵放流のために、捧げていただき、感謝してもしきれません。

庄川サケ発眼卵放流

当日は、増水なく、天候にも恵まれ、作業が滞りなく進むことを願っています。
posted at 2019/12/15(Sun) 20:55:36
修正

2019/12/15
産卵床を守るサケ


産卵床を守るサケ

高岡市石瀬にあるヤナ施設より下流部に合流点のあるとある川では、多くの産卵床と斃死した産卵後のサケが確認されます。
写真のサケは、産卵が終わり、産卵床を守ってるのか、長い時間、じっとその場に留まっていました。
posted at 2019/12/16(Mon) 17:18:35
修正
サケ捕獲のためのヤナ撤去

12月15日、サケ捕獲のためのヤナ施設の撤去作業が行われました。

サケ捕獲のためのヤナ撤去

サケマス協議会さんによるヤナ撤去作業は、朝から気温の低い中の厳しい作業となりました。

サケ捕獲のためのヤナ撤去

サケ捕獲のためのヤナ撤去
ヤナ撤去後の様子

今シーズンのサケ漁は、過去に例のないほどの不漁で、最終捕獲尾数は、5,423尾とヤナ漁が行われてから過去最低と非常に厳しい数字でしたが、サケマス協議会さんの尽力のおかげもあり、5,420千粒の採卵を行うことができました。
4年後のためにも、大切な卵を1尾でも多く、健康に大きく稚魚として放流できるよう尽力していきます。
posted at 2019/12/15(Sun) 17:55:49
修正
サケにホッコリ

散歩していると、ペアの鮭を見つけました。
川底には砂が目立つなか、一部砂利で覆われた産卵床が確認できました。
サケにホッコリ
雌を追いかける雄
サケにホッコリ
並んで泳ぐサケ
サケにホッコリ
産卵床脇を泳ぐサケ
小さな川に、のんびりと泳ぐサケを見ていると、ホッコリします。
posted at 2019/12/15(Sun) 17:06:55
修正

2019/12/14
明日、ヤナ撤去

高岡市石瀬に設置されているサケ捕獲のためのヤナですが、明日で撤去となります。

明日、ヤナ撤去
今朝のヤナの様子

明日、ヤナ撤去
瀬替え作業を終え、鏡のような水面に空が映り込んでいました。

過去に例のない不漁となった今シーズンですが、捕獲、採卵を終え、役目を終えたヤナを見ていると感慨深い思いが込み上げます。
posted at 2019/12/14(Sat) 21:07:28
修正
神通川支流井田川、サクラマス発眼卵放流

12月13日は、快晴で、立山、五箇山が綺麗に見える富山に生まれて良かったなと思える気持ちの良い一日となりました。

神通川支流井田川、サクラマス発眼卵放流

神通川支流井田川で行われた、サクラマスの発眼卵放流に同行させていただきました。

神通川支流井田川、サクラマス発眼卵放流

浅瀬に鋤簾や三俣鍬で穴を掘り、塩ビ管を立てて、サクラマスの発眼卵を流し込み埋設します。
閉塞していたり、大きな石があるとなかなか掘るのが大変な作業です。

神通川支流井田川、サクラマス発眼卵放流

4人、4チームで、178箇所に1箇所約500粒、10万粒前後の発眼卵を埋設しました。
仮に発眼卵放流でのサクラマスの回帰率が0.01%だった場合、10万粒から100尾程のサクラマスになるかと思われます。

庄川でも、クリスマス付近に、サケの発眼卵放流を予定していますが、1尾でも多く生育してくれることを願うばかりです。


posted at 2019/12/13(Fri) 18:48:18
修正

2019/12/13
川の様子

川の様子

川の様子

川の様子

庄川は穏やかに流れています。
15時、射水市広上地先での河川水温は、10.5℃となっています。


川の様子
サケの亡骸
posted at 2019/12/13(Fri) 21:18:41
修正

2019/12/12
サケ捕獲、採卵最終日

本日は、庄川サケ、捕獲、採卵の最終日となりました。
タイミング良く、富山テレビ放送さんに、庄川サケの不漁と小型サケについて取り上げていただきました。

サケ捕獲、採卵最終日
捕獲の様子

サケ捕獲、採卵最終日
採卵の様子

サケ捕獲、採卵最終日
小型サケ、計測の様子

最終捕獲尾数は、5,423尾、採卵数は、5,420千粒となりました。

大変厳しい数字となっておりますが、1尾でも多く、大きく健康なサケ稚魚を放流できるよう、今後は、卵管理、仔魚管理、飼育に尽力していきます。

↓↓富山テレビ放送、庄川サケ不漁についてのリンク↓↓
https://news.bbt.co.jp/topics_detail.phtml?Record_ID=d2a02af090c43b326105e5e381eec5fa
posted at 2019/12/12(Thu) 19:12:44
修正

2019/12/11
産卵後のサケ

ヤナで捕獲されたサケ親魚は、庄川養魚場に運搬し蓄養され、成熟したものから採卵を行います。

産卵後のサケ

採卵をしていると、写真にあるように、尻尾で産卵床を掘り、ボロボロになった個体、卵がほとんど産んでなくなっているもの(ガラ)が1割程出ます。

今シーズンは、10月に台風による大きな増水があったものの、シーズンを通して、毎秒約15トンと平水の日が多く、遡上できずに、ヤナの下流で産卵した個体も多かったように感じます。

生存競争の厳しい自然界ですが、自然産卵で生まれる稚魚達も大きく育ってくれることを願うばかりです。
posted at 2019/12/09(Mon) 19:52:43
修正

2019/12/10
サクラマス採卵

サクラマスがまたヤナで捕獲されました。
この時期の捕獲、採卵は、過去に例がないです。

サクラマス採卵
左から採卵されたメスのサクラマス、庄川養魚場地産系パーマークオス(2歳魚)、オスのサクラマス、小型サケとなっています。

サクラマス採卵
採卵された卵
ヤナで捕獲された段階で、産んでいたようで、155粒しか卵がありませんでした。
地産系2年魚のオスで受精させましたので、経過観察していきます。

小型サケは、尾叉長 49cm、体重1kgほどと採卵したメスのサクラマス(尾叉長 59cm)より小さいです。
posted at 2019/12/09(Mon) 20:07:22
修正
   

+ pplog 3.35 +