昇順 / 降順

2017/12/03
ヤナ撤去作業と飼育の様子

本日、射水市広上での天気は晴れでした。
最近は、天候が悪い日が多いと感じていましたが、本日は、立山が綺麗に見える快晴で気分の良い一日となりました。

12月1日から3日にかけて、サケ捕獲のためのヤナの撤去作業が行われました。
中州を挟んで射水市側と高岡市側にヤナがかかっています。
1日から3日は射水市側の撤去作業を行いました。

ヤナ撤去作業と飼育の様子
撤去作業の様子

今年は、台風21号の影響でヤナ、サケ祭り会場に大きな被害がありましたが、サケマス協議会さんのヤナ復旧、捕獲の尽力のおかげで、約700万粒の受精卵は確保できそうです。

本川の河川放流量は40トンから60トンで推移しています

ヤナ撤去作業と飼育の様子
投影機にて20倍に拡大されたアユ仔魚の様子
お腹に餌が入っています。

庄川ふ化場では、アユがふ化から約30日令となり、体長は12〜15mmと毎日餌を食べて成長しています。予断を許さない日々が続きます。

ヤナ撤去作業と飼育の様子
10月30日に採卵された卵
12月3日、積算温度480℃前後の様子

サケにおいては、10月に採卵したものが、随時ふ化してきています。
捕獲、採卵作業は12月上旬でひと段落し、今後は卵管理と仔魚管理がメインとなります。
こちらも予断を許さない状況が続きますが、貴重なサケ親魚からいただいた生命ですので、放流まで大切に育てていきます。

posted at 2017/12/04(Mon) 6:30:09
修正

2017/12/08
サケ捕獲、採卵最終日

本日、射水市広上での天気は雨でした。
朝、夕と非常に冷え込み寒い毎日が続いています。

12月8日、サケの捕獲、採卵の最終日となりました。

サケ捕獲、採卵最終日
最終日、尾叉長82cmと大型のメスが河川で捕獲され採卵を行いました。

サケは主に4年で回帰しますが、これだけ大型ですと、5年、6年と北の海で過ごして帰ってきたものと思われます。
5年、6年前に放流したものが帰ってきたのかと思うと感慨深いです。

サケ捕獲、採卵最終日
発眼卵、検卵の様子
死んだ卵を機械で選別します。

今年度は台風21号の影響で、ヤナに被害があり、個人採捕により親魚を確保したりと捕獲、採卵の大変さを改めて実感するシーズンとなりました。
サケマス協議会さんの尽力のおかげもあり、約700万粒の受精卵を確保することができました。

サケ捕獲、採卵最終日
選別台と蓄養籠

12月9日、10日とヤナ、捕獲設備等の撤去作業となります。
ふ化場においては、卵管理、年明けより飼育と放流まで気の抜けない日々が続きますが、無事放流できるように大切に育てていきます。
posted at 2017/12/08(Fri) 22:05:28
修正

2017/12/10
ヤナ撤去、サケ飼育

本日、射水市広上での天気は晴れです。
高岡市石瀬のヤナ場では、ヤナの撤去作業が行われました。
立山が綺麗に見える、心地よい日で、ヤナの撤去日和でした。

ヤナ撤去、サケ飼育
ヤナ撤去の様子

ヤナ撤去、サケ飼育
ふ化した仔魚の様子(浮上槽)

庄川ふ化場では、採卵した卵達が次々とふ化してきています。
10月中旬に採卵したものは、さいのうも大分吸収されてきました。

ヤナ撤去、サケ飼育
積算温度750℃〜800℃の仔魚の様子

これからは、水量、水温管理が重要な時期となります。
庄川ふ化場の井戸水の水温は14℃前後ですので、これから河川水を入れて水温を下げる調整をしていきます。
これから本格的な冬になると、寒くて朝、布団から出られなくなったり、大雪だと交通に支障がありますが、サケの飼育にとっては、雪が積もって、ぐっと気温も水温も下がってくれるのが好ましいので、飼育する者としては、寒い冬に期待しています。


posted at 2017/12/10(Sun) 18:17:14
修正

2017/12/26
サケ採卵見学、発眼卵飼育の感想

本年も残すところ数日となりました。
寒い毎日が続いていますが、庄川ふ化場においては、アユ、サケ、マスの飼育、管理作業と多忙な日々を過ごしております。

サケ事業において、11月の採卵時には、射水市の金山小学校5年生の児童さん、大門小学校3年生の児童さんに採卵を見学に来ていただきました。

また、発眼卵を射水市の金山小学校、大門小学校、高岡市の成美小学校に提供させていただき、ふ化、飼育、放流までを教育の一環として行っています。

金山小学校さんからは、施設見学の感想、大門小学校さんからは発眼卵がふ化した様子や感想の便りをいただきました。

サケ採卵見学、発眼卵飼育の感想
届いた便り

心のこもった感想を多くいただきました。
サケ事業を通して、命の大切さを学んでもらうのはもちろん、川や魚に関心を持っていただけるきっかけになるかと思うので、今後も続けていきたい取り組みです。

一部をPDFデータで掲載させていただきます。
金山小学校さん採卵作業施設見学の感想の一部
PDFデータ⇒金山小学校さん感想

大門小学校さん発眼卵ふ化飼育の感想の一部
PDFデータ⇒大門小学校さん感想
posted at 2017/12/26(Tue) 14:26:51
修正

2018/01/01
謹賀新年 平成30年

新年あけましておめでとうございます。
今年も庄川を宜しくお願いします。

謹賀新年 平成30年
餌を食べるサケ稚魚の様子

さて、庄川漁連養魚場においては、魚たちには休みは関係ありませんので、年末年始もアユ、サケ、マスの飼育管理を行っています。

謹賀新年 平成30年
耳石装置の様子

庄川では、サケ稚魚の頭の脳の裏側にある、バランス器官である耳石という器官に標識を施した稚魚を放流しています。

耳石は日周輪を形成する器官で、刺激により、黒色化するという耳石の特性を利用し、卵期に温度変化による刺激を与えることで、耳石にバーコードの様な標識を施します。

2011年より毎年、標識を施したサケ稚魚を放流し、回帰したサケ親魚の耳石をサンプリング、解析しています。

謹賀新年 平成30年
検卵し収容されたサケ発眼卵

2017年大晦日に淘汰したサケ発眼卵を、2018年元旦に検卵を行い、耳石装置に収容し、装置のスイッチを押して、耳石標識の施標を始めました。

施標後は、ふ化まで浮上槽に収容し、放流まで管理していきます。
2月〜3月にかけて、無事放流できるよう、大切に育てていきます。


posted at 2018/01/01(Mon) 14:28:56
修正

2018/01/11
大雪 サケ飼育状況

この冬一番の強い寒気の影響で、西日本から北日本にかけての広い範囲で雪が降り、庄川ふ化場のある射水市広上においても、吹雪いている時間帯もあり、積雪30cm以上と大変な状況です。

大雪 サケ飼育状況
場内の積雪の様子

気温は氷点下1度、サケの飼育水温は7度となっています。

大雪 サケ飼育状況
サケ飼育池の様子

サケ稚魚が少しずつ浮上し、本格的な飼育が近づいてきました。
サケ稚魚達は大雪もなんのその元気に餌を食べています。

大雪 サケ飼育状況
サケ稚魚
餌を食べている様子


サケ仔魚の様子


サケ稚魚給餌の様子
posted at 2018/01/11(Thu) 18:46:58
修正

2018/01/12
大雪 積雪50cm以上

今季最強の寒気が日本列島に襲来中ということで、日本海側では強雪や大雪となっています。
昨夜から降り続いた雪の影響で、電車や道路がストップしていたり、学校休校など、生活への影響も出ています。

庄川ふ化場のある射水市においても、積雪50cm以上あり、朝は交通機関が麻痺し、大変な状況でした。

大雪 積雪50cm以上
庄川ふ化場の様子

大雪の影響で注水が止まったり、問題が発生していないか確認に行こうにも、車ではすぐにたどり着けそうもなく、歩いてふ化場まで行きました。

大雪 積雪50cm以上
マス飼育池の様子

大雪 積雪50cm以上
サケ浮上槽の様子

積雪が多く、雪かき作業に追われる大変な一日でしたが、注水が止まるなどの大きな問題もなく、安心しました。

自然が相手ですと、思いもよらないことが起こったり、毎年試練の連続ですが、庄川、アユ、サケ、マスのためベストを尽くします。
posted at 2018/01/12(Fri) 15:29:36
修正

2018/01/15
雪はひと段落

昨日、今日と降雪はひと段落し、天気の良い日となっています。
朝は、気温が氷点下になっており、道路や降り積もった雪が凍結しています。
通勤などまだまだ注意が必要です。

雪はひと段落
場内の様子

場内に多くの積雪が残っていますが、サケマスの飼育、放流が本格化する前に作業しやすいように少しずつ除雪していきたいと思います。

雪はひと段落
場内の様子A
雲もなく良い天気

積雪が多い状況が続きますと放流にも影響が出ますので、このまま落ち着いてほしい所です。
サケふ化放流事業は毎年、試練の連続ですが、本年度は台風に大雪に、自然の脅威を改めて痛感しています。
posted at 2018/01/15(Mon) 21:14:38
修正

2018/01/23
サクラマス稚魚の本格飼育開始

本日、射水市広上での天気は雨、霰で、非常に強い風が吹いています。
明日にかけての雪が心配です。

サクラマス稚魚の本格飼育開始
ヤナで捕獲されたサクラマスから採卵した稚魚

庄川において、サクラマスは水温の関係で利賀村の百瀬川を起源とする水が使用できる施設に浮上槽を設置して、発眼卵から浮上まで管理しています。
浮上後は、庄川ふ化場まで、運搬して飼育開始となります。

サクラマス稚魚の本格飼育開始
庄川ふ化場ヤマメより採卵した稚魚

本日、10月17日に採卵された稚魚を利賀村から庄川ふ化場まで運搬し池へ収容しました。
ヤナで捕獲されたサクラマスから採卵した稚魚は、鰭が赤いです。
利賀村の施設の水温は6℃〜7℃で、じっくり時間をかけてさいのうを吸収します。

サクラマス稚魚の本格飼育開始
庄川ふ化場ヤマメより採卵した稚魚A

これから、浮上したものから順番に山から運搬し、飼育が本格化します。
雪が心配な所ですが、アユ、サケ、マス放流まで大事に育てていきます。


posted at 2018/01/23(Tue) 14:18:56
修正

2018/01/30
サケ初放流

本日、射水市広上での天気は雪でした。
庄川サケ平成29年度の初放流を行いました。

サケ初放流
庄川漁連でのサケ積み込みの様子

昨晩遅くから、雪が降り、先日の大雪の残雪もあるため、河川敷に入れるかどうか不安でしたが、なんとか放流場所まで行くことができ、無事放流を行うことができました。

サケ初放流
放流の様子

庄川右岸射水市西広上地先にて、1尾平均体重0.4g〜1.36gを約23万尾のサケ稚魚を放流しました。

サケ初放流
放流の様子A
この放流場所は、湧水が豊富なため、本川が水温4℃前後の時でも、水温が10℃前後です。

これから3月中旬までに600万〜700万尾を放流する予定です。

その多くは4年後に母川の庄川に帰ってきます。
4年後に多くのサケが庄川に帰ってきてくれるように、健康なサケ稚魚を放流するべくこれからより一層頑張っていきたいと思います。

posted at 2018/01/30(Tue) 19:07:00
修正
   

+ pplog 3.35 +