// all images //


2019/02/15 :: サケの一生についての講演 射水市立大門小学校
本日、射水市立大門小学校において、庄川サケの一生について3年生児童さんを対象に講演させていただきました。

!!$img1!!
講演の様子

!!$img2!!
大門小学校児童さんのサケ飼育の様子
仔魚期のため、暗所にしています。

サケふ化放流事業において、11月の採卵時には、射水市の金山小学校5年生の児童さん、大門小学校3年生の児童さんに採卵を見学に来ていただいています。

また、発眼卵を射水市の金山小学校、大門小学校に提供させていただき、ふ化、飼育、放流までを教育の一環として行っています。

大門小学校さんにおいては、例年2月にサケの一生として講演を行い飼育、サケの疑問についての質問に回答したりと多くのことを学んでもらっています。

!!$img3!!
大門小学校の水槽で飼育されている魚達

大門小学校では、サケの飼育だけでなく、サクラマスやトミヨなどの飼育にも取り組んでおられて、児童さんが川や川魚に興味を持って活動されています。
魚の飼育を通して、生命の大切さと自然や川を愛する気持ちを持ってもらえると嬉しいです。
2019/02/15 :: サケの一生についての講演 射水市立大門小学校
本日、射水市立大門小学校において、庄川サケの一生について3年生児童さんを対象に講演させていただきました。

!!$img1!!
講演の様子

!!$img2!!
大門小学校児童さんのサケ飼育の様子
仔魚期のため、暗所にしています。

サケふ化放流事業において、11月の採卵時には、射水市の金山小学校5年生の児童さん、大門小学校3年生の児童さんに採卵を見学に来ていただいています。

また、発眼卵を射水市の金山小学校、大門小学校に提供させていただき、ふ化、飼育、放流までを教育の一環として行っています。

大門小学校さんにおいては、例年2月にサケの一生として講演を行い飼育、サケの疑問についての質問に回答したりと多くのことを学んでもらっています。

!!$img3!!
大門小学校の水槽で飼育されている魚達

大門小学校では、サケの飼育だけでなく、サクラマスやトミヨなどの飼育にも取り組んでおられて、児童さんが川や川魚に興味を持って活動されています。
魚の飼育を通して、生命の大切さと自然や川を愛する気持ちを持ってもらえると嬉しいです。
2019/02/15 :: サケの一生についての講演 射水市立大門小学校
本日、射水市立大門小学校において、庄川サケの一生について3年生児童さんを対象に講演させていただきました。

!!$img1!!
講演の様子

!!$img2!!
大門小学校児童さんのサケ飼育の様子
仔魚期のため、暗所にしています。

サケふ化放流事業において、11月の採卵時には、射水市の金山小学校5年生の児童さん、大門小学校3年生の児童さんに採卵を見学に来ていただいています。

また、発眼卵を射水市の金山小学校、大門小学校に提供させていただき、ふ化、飼育、放流までを教育の一環として行っています。

大門小学校さんにおいては、例年2月にサケの一生として講演を行い飼育、サケの疑問についての質問に回答したりと多くのことを学んでもらっています。

!!$img3!!
大門小学校の水槽で飼育されている魚達

大門小学校では、サケの飼育だけでなく、サクラマスやトミヨなどの飼育にも取り組んでおられて、児童さんが川や川魚に興味を持って活動されています。
魚の飼育を通して、生命の大切さと自然や川を愛する気持ちを持ってもらえると嬉しいです。
2019/02/09 :: サケ給餌の様子
本日、朝から気温が低く、時折、雪がちらついていますが、積雪はありません。

!!$img1!!
新幹線高架橋上流域のようす

河川放流量は、毎秒15トン前後と減水しています。

庄川ふ化場では、サケ稚魚が順次、浮上し飼育尾数が増えてきました。
これからドンドン飼育量が増加していきます。

!!$img2!!
サケ稚魚給餌の様子

2018年11月14日採卵、2019年2月6日より飼育開始、給餌3日目です。
餌をやると元気よく食べ、順調に生育しています。

!!$img3!!
サケ稚魚給餌の様子A

放流まで大切に育てます。

↓↓↓庄川サケ稚魚給餌の様子の動画↓↓↓

2019/02/09 :: サケ給餌の様子
本日、朝から気温が低く、時折、雪がちらついていますが、積雪はありません。

!!$img1!!
新幹線高架橋上流域のようす

河川放流量は、毎秒15トン前後と減水しています。

庄川ふ化場では、サケ稚魚が順次、浮上し飼育尾数が増えてきました。
これからドンドン飼育量が増加していきます。

!!$img2!!
サケ稚魚給餌の様子

2018年11月14日採卵、2019年2月6日より飼育開始、給餌3日目です。
餌をやると元気よく食べ、順調に生育しています。

!!$img3!!
サケ稚魚給餌の様子A

放流まで大切に育てます。

↓↓↓庄川サケ稚魚給餌の様子の動画↓↓↓

2019/02/09 :: サケ給餌の様子
本日、朝から気温が低く、時折、雪がちらついていますが、積雪はありません。

!!$img1!!
新幹線高架橋上流域のようす

河川放流量は、毎秒15トン前後と減水しています。

庄川ふ化場では、サケ稚魚が順次、浮上し飼育尾数が増えてきました。
これからドンドン飼育量が増加していきます。

!!$img2!!
サケ稚魚給餌の様子

2018年11月14日採卵、2019年2月6日より飼育開始、給餌3日目です。
餌をやると元気よく食べ、順調に生育しています。

!!$img3!!
サケ稚魚給餌の様子A

放流まで大切に育てます。

↓↓↓庄川サケ稚魚給餌の様子の動画↓↓↓

2019/02/05 :: アユ仔魚成育状況
こんにちは!

今日は朝から晴天に恵まれ、過ごしやすい日となっていますね。
昨日は春1番が吹いたとの事で、少しずつ春が近づいて来ていると感じてなりません。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

今日は、アユ仔魚成育状況についての書きたいと思います。

!!$img1!!
アユ仔魚の様子

各養魚池のアユ仔魚の平均体長は、約28o程度です。

養魚池の状態を見ながらコペポーダ・配合飼料の量を調製しながら給餌させています。
アユ仔魚は、シラス状態から少しずつアユ本来の面影が出てきました。
遊泳状態もアユらしい動きに変化してきています。

大切に育てて行きます。
2019/02/04 :: 雨による増水
庄川本川放流量予定
2月4日16時50分現在の庄川河川放流量は、毎秒約80トンです。
17時から約80トンの予定です。
5日は0時から毎秒約80トン、13時から約50トンの予定です。

!!$img1!!
南郷大橋上流域の様子

昨晩の雨の影響か庄川は久しぶりに増水しています。

!!$img2!!
南郷大橋上流域、中越パルプ前の様子

!!$img3!!
合口ダム周辺の様子

合口ダム周辺にも雪はなく、雨で溶けてしまったようです。
昨年のような大雪はこりごりですが、サケの飼育にとっては少し雪が欲しいところです。

2019/02/04 :: 雨による増水
庄川本川放流量予定
2月4日16時50分現在の庄川河川放流量は、毎秒約80トンです。
17時から約80トンの予定です。
5日は0時から毎秒約80トン、13時から約50トンの予定です。

!!$img1!!
南郷大橋上流域の様子

昨晩の雨の影響か庄川は久しぶりに増水しています。

!!$img2!!
南郷大橋上流域、中越パルプ前の様子

!!$img3!!
合口ダム周辺の様子

合口ダム周辺にも雪はなく、雨で溶けてしまったようです。
昨年のような大雪はこりごりですが、サケの飼育にとっては少し雪が欲しいところです。

2019/02/04 :: 雨による増水
庄川本川放流量予定
2月4日16時50分現在の庄川河川放流量は、毎秒約80トンです。
17時から約80トンの予定です。
5日は0時から毎秒約80トン、13時から約50トンの予定です。

!!$img1!!
南郷大橋上流域の様子

昨晩の雨の影響か庄川は久しぶりに増水しています。

!!$img2!!
南郷大橋上流域、中越パルプ前の様子

!!$img3!!
合口ダム周辺の様子

合口ダム周辺にも雪はなく、雨で溶けてしまったようです。
昨年のような大雪はこりごりですが、サケの飼育にとっては少し雪が欲しいところです。

2019/02/01 :: 本日より2月
2月に入りました。
朝は気温がぐっと下がり、凍結し、山間部に近づくと積雪も増えていきます。
日中は、天気良く庄川はそれぞれの場所毎に美しい表情を見せています。

!!$img1!!
舟戸橋周辺の様子

!!$img2!!
庄川峡の様子

!!$img3!!
南郷大橋上流域の様子

美しい庄川を守っていきたいですね
2019/02/01 :: 本日より2月
2月に入りました。
朝は気温がぐっと下がり、凍結し、山間部に近づくと積雪も増えていきます。
日中は、天気良く庄川はそれぞれの場所毎に美しい表情を見せています。

!!$img1!!
舟戸橋周辺の様子

!!$img2!!
庄川峡の様子

!!$img3!!
南郷大橋上流域の様子

美しい庄川を守っていきたいですね
2019/02/01 :: 本日より2月
2月に入りました。
朝は気温がぐっと下がり、凍結し、山間部に近づくと積雪も増えていきます。
日中は、天気良く庄川はそれぞれの場所毎に美しい表情を見せています。

!!$img1!!
舟戸橋周辺の様子

!!$img2!!
庄川峡の様子

!!$img3!!
南郷大橋上流域の様子

美しい庄川を守っていきたいですね
2019/01/30 :: 川の様子
本日は、快晴で青空が広がり、朝は放射冷却の影響で凍結していましたが、日中は射水市広上で9.5℃と気持ちの良い陽気となりました。

!!$img1!!
大門大橋下流域の様子

河川は毎秒15トン前後の放流量と水量が少ない状況が続いています。
緩みには、先日放流したと思われるサケ稚魚が元気良く泳いでいるのが確認できました。
順調に海へ向かって降下しているようです。
川においても海に出てからも厳しい生存競争が待ち構えていますが、1尾でも多く庄川へ帰ってきてほしいと願うばかりです。

!!$img2!!
緩みで元気良く泳ぐサケ稚魚
2019/01/30 :: 川の様子
本日は、快晴で青空が広がり、朝は放射冷却の影響で凍結していましたが、日中は射水市広上で9.5℃と気持ちの良い陽気となりました。

!!$img1!!
大門大橋下流域の様子

河川は毎秒15トン前後の放流量と水量が少ない状況が続いています。
緩みには、先日放流したと思われるサケ稚魚が元気良く泳いでいるのが確認できました。
順調に海へ向かって降下しているようです。
川においても海に出てからも厳しい生存競争が待ち構えていますが、1尾でも多く庄川へ帰ってきてほしいと願うばかりです。

!!$img2!!
緩みで元気良く泳ぐサケ稚魚
2019/01/29 :: 耳石温度標識を施したサケ稚魚の放流
1月29日、耳石標識コード2,1,2を施標したサケ稚魚の放流を行いました。

!!$img1!!
サケ稚魚計測の様子

庄川では、サケ稚魚の頭の脳の裏側にある、バランス器官である耳石という器官に標識を施した稚魚を放流しています。

耳石は日周輪を形成する器官で、刺激により、黒色化するという耳石の特性を利用し、卵期に温度変化による刺激を与えることで、耳石にバーコードの様な標識を施します。

!!$img2!!
放流の様子

朝は凍結などありましたが、日中は大きな天候の崩れもなく放流日和でした。
今後の耳石標識魚放流は2月12日に2,4nH群、2月22日に2,6nH群を放流予定です。

!!$img3!!
耳石に施標された標識


庄川においては、異なる標識を施標したサケ稚魚を同サイズで時期をずらして放流し、主に4年で回帰するサケ親魚の耳石をサンプリングし解析することで、放流適期を探ろうと取り組んでいます。
4年後には、元気に大きくなってたくさん帰ってきてほしいです。
2019/01/29 :: 耳石温度標識を施したサケ稚魚の放流
1月29日、耳石標識コード2,1,2を施標したサケ稚魚の放流を行いました。

!!$img1!!
サケ稚魚計測の様子

庄川では、サケ稚魚の頭の脳の裏側にある、バランス器官である耳石という器官に標識を施した稚魚を放流しています。

耳石は日周輪を形成する器官で、刺激により、黒色化するという耳石の特性を利用し、卵期に温度変化による刺激を与えることで、耳石にバーコードの様な標識を施します。

!!$img2!!
放流の様子

朝は凍結などありましたが、日中は大きな天候の崩れもなく放流日和でした。
今後の耳石標識魚放流は2月12日に2,4nH群、2月22日に2,6nH群を放流予定です。

!!$img3!!
耳石に施標された標識


庄川においては、異なる標識を施標したサケ稚魚を同サイズで時期をずらして放流し、主に4年で回帰するサケ親魚の耳石をサンプリングし解析することで、放流適期を探ろうと取り組んでいます。
4年後には、元気に大きくなってたくさん帰ってきてほしいです。
2019/01/29 :: 耳石温度標識を施したサケ稚魚の放流
1月29日、耳石標識コード2,1,2を施標したサケ稚魚の放流を行いました。

!!$img1!!
サケ稚魚計測の様子

庄川では、サケ稚魚の頭の脳の裏側にある、バランス器官である耳石という器官に標識を施した稚魚を放流しています。

耳石は日周輪を形成する器官で、刺激により、黒色化するという耳石の特性を利用し、卵期に温度変化による刺激を与えることで、耳石にバーコードの様な標識を施します。

!!$img2!!
放流の様子

朝は凍結などありましたが、日中は大きな天候の崩れもなく放流日和でした。
今後の耳石標識魚放流は2月12日に2,4nH群、2月22日に2,6nH群を放流予定です。

!!$img3!!
耳石に施標された標識


庄川においては、異なる標識を施標したサケ稚魚を同サイズで時期をずらして放流し、主に4年で回帰するサケ親魚の耳石をサンプリングし解析することで、放流適期を探ろうと取り組んでいます。
4年後には、元気に大きくなってたくさん帰ってきてほしいです。
2019/01/26 :: サケ稚魚放流(新聞記事)
本日、朝から雪が降り、場内の気温も0.5℃と厳しい冬を思わせる日となりました。
積雪の心配をしていましたが、射水市広上では、10cm程度の積雪でした。
午後からは晴れ間もありましたが、これから大雪となる予報も出ていますので、積雪など注意したいと思います。

今朝の北日本新聞、富山新聞に昨日のサケ稚魚放流の記事が掲載されていました。

!!$img1!!
北日本新聞の記事

!!$img2!!
富山新聞の記事

庄川ふ化場においては、これから本格的なサケの飼育期間に入ります。
記事にもあるように、1尾でも多くのサケが庄川に帰ってきてくれるよう、元気なサケを放流すべく、大切に育てていきたいと思います。

Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00120034-kitanihon-l16
2019/01/26 :: サケ稚魚放流(新聞記事)
本日、朝から雪が降り、場内の気温も0.5℃と厳しい冬を思わせる日となりました。
積雪の心配をしていましたが、射水市広上では、10cm程度の積雪でした。
午後からは晴れ間もありましたが、これから大雪となる予報も出ていますので、積雪など注意したいと思います。

今朝の北日本新聞、富山新聞に昨日のサケ稚魚放流の記事が掲載されていました。

!!$img1!!
北日本新聞の記事

!!$img2!!
富山新聞の記事

庄川ふ化場においては、これから本格的なサケの飼育期間に入ります。
記事にもあるように、1尾でも多くのサケが庄川に帰ってきてくれるよう、元気なサケを放流すべく、大切に育てていきたいと思います。

Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00120034-kitanihon-l16
2019/01/25 :: 平成30年度サケ稚魚初放流
本日、朝は靄が立ち込め、気温が低い状況でしたが、午後からは日差しもあり絶好の放流日和となりました。

体重0.4g〜0.8g、尾叉長 3.8〜4.5cmに生育したサケの稚魚をトラックの生簀に積み込み、庄川右岸射水市西広上地先にて放流を行いました。

!!$img1!!
サケ稚魚放流、計量風景

!!$img3!!
放流の様子

本日は、河原に雪もなく、無事、放流することができ、サケ稚魚達は元気良く泳いでいきました。
放流されたサケ稚魚は、主に4年後に産まれた庄川へ帰ってきます。
今シーズンは、600万尾〜700万尾のサケ稚魚の放流を予定していますので、大きくなって帰ってきてくれるよう大切に育てて放流していきたいと思います。
2019/01/25 :: 平成30年度サケ稚魚初放流
本日、朝は靄が立ち込め、気温が低い状況でしたが、午後からは日差しもあり絶好の放流日和となりました。

体重0.4g〜0.8g、尾叉長 3.8〜4.5cmに生育したサケの稚魚をトラックの生簀に積み込み、庄川右岸射水市西広上地先にて放流を行いました。

!!$img1!!
サケ稚魚放流、計量風景

!!$img3!!
放流の様子

本日は、河原に雪もなく、無事、放流することができ、サケ稚魚達は元気良く泳いでいきました。
放流されたサケ稚魚は、主に4年後に産まれた庄川へ帰ってきます。
今シーズンは、600万尾〜700万尾のサケ稚魚の放流を予定していますので、大きくなって帰ってきてくれるよう大切に育てて放流していきたいと思います。
2019/01/25 :: 平成30年度サケ稚魚初放流
本日、朝は靄が立ち込め、気温が低い状況でしたが、午後からは日差しもあり絶好の放流日和となりました。

体重0.4g〜0.8g、尾叉長 3.8〜4.5cmに生育したサケの稚魚をトラックの生簀に積み込み、庄川右岸射水市西広上地先にて放流を行いました。

!!$img1!!
サケ稚魚放流、計量風景

!!$img3!!
放流の様子

本日は、河原に雪もなく、無事、放流することができ、サケ稚魚達は元気良く泳いでいきました。
放流されたサケ稚魚は、主に4年後に産まれた庄川へ帰ってきます。
今シーズンは、600万尾〜700万尾のサケ稚魚の放流を予定していますので、大きくなって帰ってきてくれるよう大切に育てて放流していきたいと思います。
2019/01/24 :: 明日、サケ稚魚初放流
本日、射水市広上での天気は、曇り、朝は雪の降っている時間帯もありました。
気温は低いですが、積雪のない状況が続いています。

!!$img1!!
0.74gまで生育したサケ稚魚

明日、1月25日の午後よりサケ稚魚の初放流を予定しています。
稚魚サイズ0.4g〜0.8gのサケ稚魚を約50万尾放流する予定となっています。
放流されたサケ稚魚は、主に4年後に産まれた庄川へ帰ってきます。
今シーズンは、600万尾〜700万尾のサケ稚魚の放流を予定していますので、大きくなって帰ってきてくれるよう大切に育てて放流していきたいと思います。

2019/01/21 :: アユ仔魚成育状況
こんにちは!

今日は午前中、雪でしたね。
今、広上は曇空です。
この先一週間は雪の予想です。
余り雪が積もらない事を祈りたいです。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

アユ仔魚成育状況についての話題に触れてみようと思います。

!!$img1!!
アユ仔魚写真@

!!$img2!!
アユ仔魚写真A

写真で見て、もしかすると分かるかも知れませんが、沢山のコペポーダ・配合飼料を摂餌し、のびのび遊泳している姿が見てとれます。

現在、アユ仔魚体長は平均25.0o程度です。

アユ仔魚には聞こえないと思いますが、
私は自分の子供の様に声を掛けながらアユ仔魚を育てています。
少なからずアユ仔魚に想いは伝わっていると信じて、私なりに沢山の愛情を注いでいるつもりでいます。

放流時期になると自然界に行くので、心苦しい部分が私にはあります。
しかしながら、天然アユに負けない位、庄川で活き活きと大きく羽ばたいてもらいたいです。
2019/01/21 :: アユ仔魚成育状況
こんにちは!

今日は午前中、雪でしたね。
今、広上は曇空です。
この先一週間は雪の予想です。
余り雪が積もらない事を祈りたいです。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

アユ仔魚成育状況についての話題に触れてみようと思います。

!!$img1!!
アユ仔魚写真@

!!$img2!!
アユ仔魚写真A

写真で見て、もしかすると分かるかも知れませんが、沢山のコペポーダ・配合飼料を摂餌し、のびのび遊泳している姿が見てとれます。

現在、アユ仔魚体長は平均25.0o程度です。

アユ仔魚には聞こえないと思いますが、
私は自分の子供の様に声を掛けながらアユ仔魚を育てています。
少なからずアユ仔魚に想いは伝わっていると信じて、私なりに沢山の愛情を注いでいるつもりでいます。

放流時期になると自然界に行くので、心苦しい部分が私にはあります。
しかしながら、天然アユに負けない位、庄川で活き活きと大きく羽ばたいてもらいたいです。
2019/01/19 :: 快晴
本日は、天気良く青空の広がる気持ちの良い日となりました。

!!$img1!!
昨年10月に開通した利賀大橋

平野部には雪は積もっていませんが、小牧ダムより上流部では積雪が増えてきます。
今年は積雪が少ないですが、昨年の今頃は大雪で大変であったことが思い出されます。

!!$img2!!
合口ダムの様子

河川は水量が少ない状況が続いています。
雪も少ないため、漁期が始まってからの水量も心配されます。

!!$img3!!
合口ダム下流域の様子


2019/01/19 :: 快晴
本日は、天気良く青空の広がる気持ちの良い日となりました。

!!$img1!!
昨年10月に開通した利賀大橋

平野部には雪は積もっていませんが、小牧ダムより上流部では積雪が増えてきます。
今年は積雪が少ないですが、昨年の今頃は大雪で大変であったことが思い出されます。

!!$img2!!
合口ダムの様子

河川は水量が少ない状況が続いています。
雪も少ないため、漁期が始まってからの水量も心配されます。

!!$img3!!
合口ダム下流域の様子


2019/01/19 :: 快晴
本日は、天気良く青空の広がる気持ちの良い日となりました。

!!$img1!!
昨年10月に開通した利賀大橋

平野部には雪は積もっていませんが、小牧ダムより上流部では積雪が増えてきます。
今年は積雪が少ないですが、昨年の今頃は大雪で大変であったことが思い出されます。

!!$img2!!
合口ダムの様子

河川は水量が少ない状況が続いています。
雪も少ないため、漁期が始まってからの水量も心配されます。

!!$img3!!
合口ダム下流域の様子


2019/01/17 :: サケ稚魚生育状況
1月下旬に予定している初放流に向けてサケ稚魚が順調に生育しています。

!!$img1!!
サケ稚魚の様子
昨年の10月24日、27日に採卵し、今年1月7日に0.35gで浮上した稚魚が10日飼育で0.57gまで生育しました。
餌食い、忌避行動も良好ですので、放流まで、できるだけ大きくなるよう大切に育てたいと思います。

!!$img2!!
中田橋下流域の様子

!!$img3!!
中田橋下流域の様子A

雪のない状況が続いていますが、来週にかけて雪となる予報も出ていますので、飼育、放流に影響が出ないことを祈るばかりです。
2019/01/17 :: サケ稚魚生育状況
1月下旬に予定している初放流に向けてサケ稚魚が順調に生育しています。

!!$img1!!
サケ稚魚の様子
昨年の10月24日、27日に採卵し、今年1月7日に0.35gで浮上した稚魚が10日飼育で0.57gまで生育しました。
餌食い、忌避行動も良好ですので、放流まで、できるだけ大きくなるよう大切に育てたいと思います。

!!$img2!!
中田橋下流域の様子

!!$img3!!
中田橋下流域の様子A

雪のない状況が続いていますが、来週にかけて雪となる予報も出ていますので、飼育、放流に影響が出ないことを祈るばかりです。
2019/01/17 :: サケ稚魚生育状況
1月下旬に予定している初放流に向けてサケ稚魚が順調に生育しています。

!!$img1!!
サケ稚魚の様子
昨年の10月24日、27日に採卵し、今年1月7日に0.35gで浮上した稚魚が10日飼育で0.57gまで生育しました。
餌食い、忌避行動も良好ですので、放流まで、できるだけ大きくなるよう大切に育てたいと思います。

!!$img2!!
中田橋下流域の様子

!!$img3!!
中田橋下流域の様子A

雪のない状況が続いていますが、来週にかけて雪となる予報も出ていますので、飼育、放流に影響が出ないことを祈るばかりです。
2019/01/14 :: サケ稚魚、順次浮上中
本日は、天気良く朝、夕は冷え込みますが、気持ちの良い日となりました。

!!$img1!!
南郷大橋上流域の様子
今年に入って、1月10日には毎秒60トンと増水している時間帯がありましたが、ここ最近は、水量の少ない状況が続いています。

!!$img2!!
浮上したサケ稚魚の様子

!!$img3!!
活発に動き回ります。

年明けから順次、サケ稚魚も浮上し、元気良く餌を食べています。
これから飼育が本格化しますが、少しでも大きく健康に放流できるよう大切に育てていきます。
サケ稚魚の放流は1月下旬から3月中旬を予定しており、600万尾〜700万尾の放流を予定しています。
2019/01/14 :: サケ稚魚、順次浮上中
本日は、天気良く朝、夕は冷え込みますが、気持ちの良い日となりました。

!!$img1!!
南郷大橋上流域の様子
今年に入って、1月10日には毎秒60トンと増水している時間帯がありましたが、ここ最近は、水量の少ない状況が続いています。

!!$img2!!
浮上したサケ稚魚の様子

!!$img3!!
活発に動き回ります。

年明けから順次、サケ稚魚も浮上し、元気良く餌を食べています。
これから飼育が本格化しますが、少しでも大きく健康に放流できるよう大切に育てていきます。
サケ稚魚の放流は1月下旬から3月中旬を予定しており、600万尾〜700万尾の放流を予定しています。
2019/01/14 :: サケ稚魚、順次浮上中
本日は、天気良く朝、夕は冷え込みますが、気持ちの良い日となりました。

!!$img1!!
南郷大橋上流域の様子
今年に入って、1月10日には毎秒60トンと増水している時間帯がありましたが、ここ最近は、水量の少ない状況が続いています。

!!$img2!!
浮上したサケ稚魚の様子

!!$img3!!
活発に動き回ります。

年明けから順次、サケ稚魚も浮上し、元気良く餌を食べています。
これから飼育が本格化しますが、少しでも大きく健康に放流できるよう大切に育てていきます。
サケ稚魚の放流は1月下旬から3月中旬を予定しており、600万尾〜700万尾の放流を予定しています。
2019/01/10 :: アユ仔魚の育成状況

本日15時の河川水温は6.2℃でした。

アユ仔魚は、25mm前後とまだまだ小さいですが
確実にすくすくと成長しています。

!!$img1!!
測定時のアユ仔魚

現在は人工海水で飼育しており
コペポーダと配合飼料を併用して与えています。

今後も餌を沢山食べて天然のアユに負けない
たくましいアユに育ってくれることを祈っています。



2019/01/09 :: 川の様子
本日は、朝から冷え込み、雪が降り、少しですが積雪がありました。

!!$img1!!
合口ダム下流域の様子

!!$img2!!
合口ダム〜舟戸橋の様子

!!$img3!!
舟戸橋付近の様子

日中は晴れ、青空が広がり、気持ちの良い日となっています。
季節毎に様々な表情を見せる美しい庄川ですね

2019/01/09 :: 川の様子
本日は、朝から冷え込み、雪が降り、少しですが積雪がありました。

!!$img1!!
合口ダム下流域の様子

!!$img2!!
合口ダム〜舟戸橋の様子

!!$img3!!
舟戸橋付近の様子

日中は晴れ、青空が広がり、気持ちの良い日となっています。
季節毎に様々な表情を見せる美しい庄川ですね

2019/01/09 :: 川の様子
本日は、朝から冷え込み、雪が降り、少しですが積雪がありました。

!!$img1!!
合口ダム下流域の様子

!!$img2!!
合口ダム〜舟戸橋の様子

!!$img3!!
舟戸橋付近の様子

日中は晴れ、青空が広がり、気持ちの良い日となっています。
季節毎に様々な表情を見せる美しい庄川ですね

2019/01/07 :: サクラマス稚魚、引き取り
年末に、利賀の養魚場にあずけておいたサクラマスの発眼卵が、
孵化、浮上したため本日引き取りに行ってきました。
利賀までの道のり、暖冬のせいか、路上に積雪も少なく、
稚魚の引き取りには良い日となりました。
利賀の水温は7.8℃に対して庄川養魚場の水温は10℃前後と、やや高めです。
漁連から積んできたトラックの生簀の水と、浮上槽の水温を確認した後、
サクラマスを積み込みました。
!!$img1!!
利賀の浮上槽からサクラマスを出す様子

今日積み込んだサクラマスは、浮上槽1槽分で、
45,000尾ほどになります。
!!$img2!!
庄川漁連にて、トラックの生簀から場内生簀に移動する様子

!!$img3!!
生簀に移されたサクラマスの稚魚

今季初めてのサクラマスの引き取りでしたが、
これから浮上が進むにつれ、また利賀へ取りにいかなければなりません。
場内の水温を考えると、雪が欲しいところですが、
稚魚の引き取りを考えると、雪が少ない方が助かります。
ともあれ、魚が順調に育ってくれることを願うばかりです。


2019/01/07 :: サクラマス稚魚、引き取り
年末に、利賀の養魚場にあずけておいたサクラマスの発眼卵が、
孵化、浮上したため本日引き取りに行ってきました。
利賀までの道のり、暖冬のせいか、路上に積雪も少なく、
稚魚の引き取りには良い日となりました。
利賀の水温は7.8℃に対して庄川養魚場の水温は10℃前後と、やや高めです。
漁連から積んできたトラックの生簀の水と、浮上槽の水温を確認した後、
サクラマスを積み込みました。
!!$img1!!
利賀の浮上槽からサクラマスを出す様子

今日積み込んだサクラマスは、浮上槽1槽分で、
45,000尾ほどになります。
!!$img2!!
庄川漁連にて、トラックの生簀から場内生簀に移動する様子

!!$img3!!
生簀に移されたサクラマスの稚魚

今季初めてのサクラマスの引き取りでしたが、
これから浮上が進むにつれ、また利賀へ取りにいかなければなりません。
場内の水温を考えると、雪が欲しいところですが、
稚魚の引き取りを考えると、雪が少ない方が助かります。
ともあれ、魚が順調に育ってくれることを願うばかりです。


2019/01/07 :: サクラマス稚魚、引き取り
年末に、利賀の養魚場にあずけておいたサクラマスの発眼卵が、
孵化、浮上したため本日引き取りに行ってきました。
利賀までの道のり、暖冬のせいか、路上に積雪も少なく、
稚魚の引き取りには良い日となりました。
利賀の水温は7.8℃に対して庄川養魚場の水温は10℃前後と、やや高めです。
漁連から積んできたトラックの生簀の水と、浮上槽の水温を確認した後、
サクラマスを積み込みました。
!!$img1!!
利賀の浮上槽からサクラマスを出す様子

今日積み込んだサクラマスは、浮上槽1槽分で、
45,000尾ほどになります。
!!$img2!!
庄川漁連にて、トラックの生簀から場内生簀に移動する様子

!!$img3!!
生簀に移されたサクラマスの稚魚

今季初めてのサクラマスの引き取りでしたが、
これから浮上が進むにつれ、また利賀へ取りにいかなければなりません。
場内の水温を考えると、雪が欲しいところですが、
稚魚の引き取りを考えると、雪が少ない方が助かります。
ともあれ、魚が順調に育ってくれることを願うばかりです。


2019/01/04 :: 執務初め
執務初めの本日は、快晴で気持ちの良い日となりました。

!!$img1!!
合口ダム下流域の様子

水量は平水、青空と雪と庄川のコントラストが美しいです。

!!$img2!!
庄川上流、南砺市下梨付近
五箇山庄川峡

上流域は雪も多く、美しい水墨画の世界に青空が映えます。

!!$img3!!
浮上したサクラマス稚魚

サクラマス、サケが順次浮上し、餌を食べ始めています。
これから飼育が本格化し、サケの放流も月末に予定しているので、大切に育てていきたいと思います。
2019/01/04 :: 執務初め
執務初めの本日は、快晴で気持ちの良い日となりました。

!!$img1!!
合口ダム下流域の様子

水量は平水、青空と雪と庄川のコントラストが美しいです。

!!$img2!!
庄川上流、南砺市下梨付近
五箇山庄川峡

上流域は雪も多く、美しい水墨画の世界に青空が映えます。

!!$img3!!
浮上したサクラマス稚魚

サクラマス、サケが順次浮上し、餌を食べ始めています。
これから飼育が本格化し、サケの放流も月末に予定しているので、大切に育てていきたいと思います。
2019/01/04 :: 執務初め
執務初めの本日は、快晴で気持ちの良い日となりました。

!!$img1!!
合口ダム下流域の様子

水量は平水、青空と雪と庄川のコントラストが美しいです。

!!$img2!!
庄川上流、南砺市下梨付近
五箇山庄川峡

上流域は雪も多く、美しい水墨画の世界に青空が映えます。

!!$img3!!
浮上したサクラマス稚魚

サクラマス、サケが順次浮上し、餌を食べ始めています。
これから飼育が本格化し、サケの放流も月末に予定しているので、大切に育てていきたいと思います。
2019/01/01 :: アユ仔魚成育状況
こんにちは!

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

元日は晴天にも恵まれ、立山連峰越しの初日の出を見てからの出勤でした。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

本日はアユ仔魚の生育状況についてお知らせします。

!!$img1!!
アユ仔魚 写真

写真は見にくいかも知れませんが、アユ仔魚が多く遊泳しているのが確認出来ます。
池全体の平均体長は約20.0oです。

もう暫くは正念場の時期です。
アユ仔魚を大切に育てて行きます。
2018/12/31 :: 水位低下
発眼卵放流が終わってから、水温観測地点が変更しました。
発眼卵を放流した場所にて、計測しているのですが、
川の水位が、放流当初に比べ下がっていました。
!!$img2!!
本日の水位

水温を観測して、場内の見回りをして、本日の業務終了。
!!$img1!!
大晦日に、私は川原で何をしているのでしょう・・・
でも魚には、盆も正月も関係ありません!
さて、大晦日になると、私の脳裏に、いつも歌が浮かびます。
あなたに逢えて良かった♪あなたには希望のにおいがする♪
今年も、漁連を通じて、多くの方々との出会いがありました。
来年もまた、ご指導ご鞭撻を賜りますとともに、
庄川の発展に尽くしていきたいと思います。
2018/12/31 :: 水位低下
発眼卵放流が終わってから、水温観測地点が変更しました。
発眼卵を放流した場所にて、計測しているのですが、
川の水位が、放流当初に比べ下がっていました。
!!$img2!!
本日の水位

水温を観測して、場内の見回りをして、本日の業務終了。
!!$img1!!
大晦日に、私は川原で何をしているのでしょう・・・
でも魚には、盆も正月も関係ありません!
さて、大晦日になると、私の脳裏に、いつも歌が浮かびます。
あなたに逢えて良かった♪あなたには希望のにおいがする♪
今年も、漁連を通じて、多くの方々との出会いがありました。
来年もまた、ご指導ご鞭撻を賜りますとともに、
庄川の発展に尽くしていきたいと思います。
2018/12/28 :: サケには嬉しい積雪
執務納めの本日は、朝から雪が降り、場内の気温は0℃となっておりました。

!!$img1!!
庄川漁連場内の様子

サケの卵管理も残り僅かとなり、年内には収容が完了します。
執務納めとは言っても、飼育に休みは関係なく、場内の水温、水量、仔魚管理など年末年始も重要な作業が続きます。
水温の高い、井戸水で浮上させたサクラマスは飼育が始まっていますし、年明けにはサケも浮上し、順次餌をやり、1月下旬から3月中旬にかけて放流していきます。

!!$img2!!
積雪10cm程

クリスマス前くらいは、気温も高く、河川水、伏流水、井戸水を混合した場内の水温が13℃前後と高温になり、心配していましたが、この雪と気温の低下で9℃前後とサケの飼育には良い状況となりました。
昨年のような災害になるような大雪は勘弁ですが、程々の雪は飼育には欲しいところです。

河川水温も6.7℃とグッと低下しました。
発眼卵放流したものや自然産卵群など河川のサケ達はどうしてるのでしょうか
頭の片隅に置きながら年末年始を過ごそうと思います。

皆さま、本年中は、大変お世話になりました。
来年も変わらず、良いシーズンとしたいですね
良いお年をお迎えください
2018/12/28 :: サケには嬉しい積雪
執務納めの本日は、朝から雪が降り、場内の気温は0℃となっておりました。

!!$img1!!
庄川漁連場内の様子

サケの卵管理も残り僅かとなり、年内には収容が完了します。
執務納めとは言っても、飼育に休みは関係なく、場内の水温、水量、仔魚管理など年末年始も重要な作業が続きます。
水温の高い、井戸水で浮上させたサクラマスは飼育が始まっていますし、年明けにはサケも浮上し、順次餌をやり、1月下旬から3月中旬にかけて放流していきます。

!!$img2!!
積雪10cm程

クリスマス前くらいは、気温も高く、河川水、伏流水、井戸水を混合した場内の水温が13℃前後と高温になり、心配していましたが、この雪と気温の低下で9℃前後とサケの飼育には良い状況となりました。
昨年のような災害になるような大雪は勘弁ですが、程々の雪は飼育には欲しいところです。

河川水温も6.7℃とグッと低下しました。
発眼卵放流したものや自然産卵群など河川のサケ達はどうしてるのでしょうか
頭の片隅に置きながら年末年始を過ごそうと思います。

皆さま、本年中は、大変お世話になりました。
来年も変わらず、良いシーズンとしたいですね
良いお年をお迎えください
  next


+ pplog 3.35 +